massy

 

本日から感染対策研修会に参加中。くる前は、どんな会なのかさっぱりわからず、あまり期待もしていなかったのですが、意外にも?いろいろ得るものがありました。今の職場に足りないもの、今後の目標などいろいろ考えた一日。

 

多摩感受性セミナー第1回に参加。内容は、Staphyrococcusの感受性の読み方、同定の仕方について。そんなに苦も無く内容について行けたのが何より。青木先生の翻訳のおかげもあったと思うが、一ヶ月半の細菌検査室で勉強をさせてもらっていたのがよかった、と改めて実感。

以下簡単なまとめ。

○ペニシリン系、セフェム系の感受性

PCG、MPIPIC(オキサシリン)、VCMの感受性により分類される。

  メカニズム PCG MPIPC VCM Linezolid
1:Staphyrococcus Penicillinase(-) S S S S
2:MSSA Penicillinase(+) R S S S
3:MRSA PBP2′(プライム) R R S S
4:VRSA Van A R R R S

1:今時珍しいStaphyrococcus。気をつけないと行けないのは、感受性ではPCG:Sと見えても抗菌薬暴露によりPenicillinaseを産生(Induced)し、耐性となるもの。MPIPCの阻止円の再内側の菌を用いてニトロセフィンテストを行う。(βラクタマーゼ産生菌ではオレンジ色になる)。ただそれでも希ながら引っかからないことがあり、遺伝子(blaZ)をPCRで検出することも勧められている。どうしてもPCGで治療したい場合には考慮。

ちなみに自施設ではルーチンでしていないとのことだった。

2:現在主流を占めるStaphyrococcus

3:いわゆるMRSA。PBPは細胞質内でつくられた細胞壁モノマーをポリマーにする酵素。ペニシリン系、セフェム系は、この酵素にくっついて細胞壁合成阻害を起こすわけだが、MRSAでは、PBP2′に変わってしまい結合できなくなってしまう。

4:腸球菌由来のVanA遺伝子を持つもの。現在のところアメリカで5株確認。一旦ブドウ球菌内に定着するとプラスミドを介して広がる可能性あり。

○EM/CLDMに対する感受性

mefA:排出亢進 マクロライドのみR

erm:23SrRNAのメチル化(アデニンをジメチル化)→MLSbの耐性化。(MLSb;Macrolide、Lincosamide、typeB Streptogramin)

EMは メチル化の誘導能がある、一方CLDMは誘導能がない。そのため、EM:R CLDM:Sと見えても、EMで誘導をかけると、CLDMが耐性とわかる(D-test陽性)。そういう株にCLDMを使い続けていると突然変異でermが活性化する恐れあり、使わない方がよい。最近は希釈法でも測定できるようになった。

○尿のS. saprophyticus

抗菌薬感受性検査は勧められない。なぜならSTやキノロンが効くから。

★まとめ

Staphyrococcusの感受性検査薬

PCG、MPIPC、EM/CAM/AZMのどれか、CLDM、ST、VCM+α

 

Toleranceとは、最小殺菌濃度(MBC)と最小発育阻止濃度(MIC)が解離しているとのこと。S.aureusやCNS(S.lugdunensis)、Staphyrococcus(肺炎球菌など)で診られることがある。

Tolerance to the Glycopeptides Vancomycin and Teicoplanin in Coagulase-Negative Staphylococci

Glycopeptide tolerance in bacteria causing endocarditis

定義:MBC/MIC ratio of ≥32 or MBC/MIC ratio of ≥16 and MBC of ≥16 μg/ml

Toleranceがある場合はどうなるのか?VCMで治療している間は菌の増殖をおさえて、良くなっている(ように見える)が、やめると増殖して再発してしまう。通常の検査では最小殺菌濃度を測定することはないため、見逃されている可能性も。

MRSAのVCMに対する感受性が悪くなっており、MIC:2では予後が悪かったとの報告もある中で、Toleranceの話は余り耳にしない(自分だけ?)。MIC:2 なら必ず治療失敗するというわけでもなく、そこにはToleranceの問題も関与しているのかも、とふと感じた今日1日。

ちなみにDaptomycinには、Toleranceは診られなかったとの報告あり。

Inhibitory and bactericidal activities of daptomycin, vancomycin, and teicoplanin against methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolates collected from 1985 to 2007.

 

プロテウスは血液寒天培地上で遊走し、コロニーを形成しない。そのため、他の細菌分離が困難になることがしばしば。特に緑膿菌との混合感染の時は分離が難しい。

理由)プロテウスを遊走しないようにするには、マッコンキー培地など胆汁酸が添加されている培地を使用したり、培地の寒天濃度を上げたりする必要があり。ただ緑膿菌はマッコンキーでも発育が余り良くないため分離に難渋することあり。そのため最初のグラム染色でプロテウスを想定しておくことが大切。

写真を探してみたら、ありました。いつも勉強させていただいているサイトです。

細菌室で研修して思ったこと。検体の質が悪いと、結果もあてにならない、そして技師さんのモチベーションも上がらない。細菌室に検査を出せばすべての微生物が判明・・・しない。MICの数値はそこまで厳密性は無い(誤差あり)。そのほかたくさんの学びを得ることが出来ました。
研修期間は終わりましたが、これからも1日1回は訪問していろいろ勉強しようと心に決めた2012年仕事2日目でした。

 

バイオリン名器の音色、現代モノと大差なし? : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

バイオリンの名器とされる「ストラディバリウス」「ガルネリ」を含む計6丁を演奏したところ、
21人のバイオリニストの評価は、安い現代のバイオリンの方が高かった。とのこと。
どのように比較したのか、比較した方法が適切だったのか?には突っ込みどころを感じますが、
確かに先入観を持って効くと音色がよろしく聞こえるだろう、というのは想像できますが、どちらにしろ
自分には全く区別がつかないと思いますが(笑)

日常でもよくある話。
「この偉い先生が話したから~」とか、「この専門家が言うんだから~」というのを丸呑みするのは
よろしくないと感じる今日この頃。ちゃんと調べなさいって事ですが・・・自分で調べないと覚えないんですよね~。

© 2012 今日のいちにち 明日へのいちにち Suffusion theme by Sayontan Sinha