離島から帰ってきて大学生活がはじまり、忘れかけていたHPをいじってみました。
最終更新は・・・昨年の今頃・・・。なぜかこの時期に思い出してまた忘れてしまう・・・
という全く成長していない私(..;)
 大学では少しばかり時間もありそうだし、新しいことにチャレンジしつつ
Outputもがんばっていこうと思っている今日この頃。。。

 

先週末は福岡で熱帯病ケースカンファレンスに参加してきました。熱帯感染症はなじみが無いため少し予習をしてからの参加でした。

まずはロンドン大学のRobin先生からケースを提示しながらのレクチャーをしていただきました。急性肺ヒストプラスマ症 acute pulmonary histoplasmosis、トリパノソーマ症、gnathostomiasis(顎口虫症)、cutaneous anthrax(皮膚炭疽)、swine flu等を取り上げていました。トリパノソーマは眠り病というイメージが強かったのですが、そこまで行くと(stage2)かなり進行しているわけで当初は不明熱という形で発症するとのことでした。

続いては3つの施設からのケースプレゼンテーション。1例目は西アフリカからの帰国後約10日後に発熱・黄疸・倦怠感を呈した症例、2例目は渡航歴のない70歳代女性の発熱、筋肉痛、食思不振+結膜充血の症例、3例目はシンガポールとインドネシアから帰国後に発熱とリンパ節腫脹を呈した30歳代男性の症例でした。その中でのコメントで参考になった事を記しておきます。

  • マラリアでは白血球は増加しないとされるが重症例では増加する事もある
  • 網膜出血を起こす事があるため眼底をチェック!
  • マラリアの迅速診断キットでは現地滞在が長い場合には過去の感染の結果を見ている可能性もあり、血液塗抹標本での確認が最も重要
  • しかし血液塗抹標本での診断(Plasmodium falciparum かどうか?)などを判断するには難しいため専門家に頼むのが確実だが、周囲にいない場合は・・・
  • 海外から帰ってきた人の発熱では常にマラリアを考える。その際には流行地、潜伏期(流行地域に入国から出国までの期間から発熱までの期間が7日以上とされる)を参考に。
  • マラリアの3つのnegative徴候:リンパ節腫脹、Skin rush、Focal signのどれかがあればマラリアの可能性はかなり低くなる(マラリアの生活環ではリンパ節に入らないため)

 

以前大学にいたときにマラリアの患者を見た事がありますが、その際も塗抹標本は寄生虫教室の先生に直接見ていただき診断してもらいました。周りに専門家がいなかったら・・・また治療薬を手に入れるまでかなりの時間がかかる場合はどうしたらいいのか?等いろいろ考えさせられました。

 

使い始めて一週間程度。何とか使えるレベルまで持ってきました。
ただ、安定しないのがATOK。こちらなどを参考にさせてもらい導入はしているのですが、何かのきっかけですべての入力が効かなくなり
リセットしてしまう羽目に。おそるおそる使っているのが現状です。
そのほかの使い勝手はTouchFLOが重いですね。こちらで紹介されているDiamond TF3D Config Setupを設定することで少しはましになりますが。ただ外すとただのWM機になってしまうのがなんとなく・・・ね。しばらく辛抱してみようかなと。

ただ幸いなのは仕事で必須なM2Plus様のソフト
PDA版 今日の治療薬 2008
ザ・レジデント、PDA版
当直医マニュアル 2008
PDA版 MGH内科診療マニュアル原著第2版
が問題なく動くことです。これとFOMAが使えるところではネットで情報を仕入れることができますし、自分にとっては情報端末としてかなり使える存在になりそうです。安定すれば・・・ですが(笑)

 

今日は読書の日にしよう!ということで、
立花 隆著 「知」のソフトウェア を読みました。

この本は1984年3月発行ということなので、今から20年以上も前に
書かれているのですが、内容は一部古いところもありますが
(インターネットはまだ始まったばかりの頃ですし・・・参考)
第一章 情報のインプット&アウトプットや、
第十二章の 懐疑の精神
などは、とても納得させられました。

情報の持つ意味を同時に意味を同時に理解しなければ、
インプットにはならないのである。

自分も本を読む「行為」に満足しそうになるときがあります。気をつけねば。

本というのは、一ページ目から読みはじめて、最後のページまで
読むものなのだ、というような固定観念は捨てるべきである。

買った本なんだし、もったいないよね~、と思ってしまう自分ですが、

本を読もうとするときに、それが自分が死ぬまでに読める残り何冊の
一冊たるに値する本であるかどうかを頭の中で吟味してから読むべきである。

で、納得。判断するのは難しいけど、嫌々読んだって、本当の意味のインプットは出来ない
だろうし・・・

絶えざるインプットによって蓄積され、形成された豊かな個性的知的世界こそが、
よきアウトプットの土壌である。

どうしても、「話し方」とか「会話術」とかに走りがちですが、それもすべてインプットされた
豊穣な土台があってということなのでしょう。

まだまだ書きたいことがありますが、残りは明日ということに・・・・

「知」のソフトウェア

© 2012 今日のいちにち 明日へのいちにち Suffusion theme by Sayontan Sinha