多摩感受性セミナー第1回に参加。内容は、Staphyrococcusの感受性の読み方、同定の仕方について。そんなに苦も無く内容について行けたのが何より。青木先生の翻訳のおかげもあったと思うが、一ヶ月半の細菌検査室で勉強をさせてもらっていたのがよかった、と改めて実感。

以下簡単なまとめ。

○ペニシリン系、セフェム系の感受性

PCG、MPIPIC(オキサシリン)、VCMの感受性により分類される。

  メカニズム PCG MPIPC VCM Linezolid
1:Staphyrococcus Penicillinase(-) S S S S
2:MSSA Penicillinase(+) R S S S
3:MRSA PBP2′(プライム) R R S S
4:VRSA Van A R R R S

1:今時珍しいStaphyrococcus。気をつけないと行けないのは、感受性ではPCG:Sと見えても抗菌薬暴露によりPenicillinaseを産生(Induced)し、耐性となるもの。MPIPCの阻止円の再内側の菌を用いてニトロセフィンテストを行う。(βラクタマーゼ産生菌ではオレンジ色になる)。ただそれでも希ながら引っかからないことがあり、遺伝子(blaZ)をPCRで検出することも勧められている。どうしてもPCGで治療したい場合には考慮。

ちなみに自施設ではルーチンでしていないとのことだった。

2:現在主流を占めるStaphyrococcus

3:いわゆるMRSA。PBPは細胞質内でつくられた細胞壁モノマーをポリマーにする酵素。ペニシリン系、セフェム系は、この酵素にくっついて細胞壁合成阻害を起こすわけだが、MRSAでは、PBP2′に変わってしまい結合できなくなってしまう。

4:腸球菌由来のVanA遺伝子を持つもの。現在のところアメリカで5株確認。一旦ブドウ球菌内に定着するとプラスミドを介して広がる可能性あり。

○EM/CLDMに対する感受性

mefA:排出亢進 マクロライドのみR

erm:23SrRNAのメチル化(アデニンをジメチル化)→MLSbの耐性化。(MLSb;Macrolide、Lincosamide、typeB Streptogramin)

EMは メチル化の誘導能がある、一方CLDMは誘導能がない。そのため、EM:R CLDM:Sと見えても、EMで誘導をかけると、CLDMが耐性とわかる(D-test陽性)。そういう株にCLDMを使い続けていると突然変異でermが活性化する恐れあり、使わない方がよい。最近は希釈法でも測定できるようになった。

○尿のS. saprophyticus

抗菌薬感受性検査は勧められない。なぜならSTやキノロンが効くから。

★まとめ

Staphyrococcusの感受性検査薬

PCG、MPIPC、EM/CAM/AZMのどれか、CLDM、ST、VCM+α

© 2012 今日のいちにち 明日へのいちにち Suffusion theme by Sayontan Sinha