今日はタミフル耐性機序についてのお勉強。

 

Oseltamivir resistance–disabling our influenza defenses.     N Engl J Med. 2005 Dec 22;353(25):2633-6

Neuraminidase inhibitorであるOseltamivir(タミフル)やzanamivir(リレンザ)ではウイルス細胞表面のノイラミニダーゼに結合する。

E276がrotateしてR224と結合しポケットを形成することで、Oseltamivirが結合できるようになる。ノイラミニダーゼ蛋白の275番目のアミノ酸がヒスチジンからチロシンに置換(H275Y)するとポケット形成が妨げられOseltamivir耐性となる。(各種論文ではH274Yの表記をしているが、これは、H3N2亜型ウイルスのNA蛋白質のアミノ酸番号をもとにした表記法(N2表記法)であり、H1N1のNA蛋白質の場合は、耐性マーカーのアミノ酸番号はメチオニンから数えて275番目となる。よって、本文では耐性マーカーのアミノ酸番号をH275Yで統一する。#1)

zanamivirが結合する際にはポケット生成は不要なため耐性とはならない。

#1:<速報>2008/09インフルエンザシーズンにおけるインフルエンザ(A/H1N1)オセルタミビル耐性株(H275Y*)の国内発生状況 [第2報] http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/pr3503.html

resistance 

アニメーション版

amime

結合する部位の構造が変わるということですね。リレンザは耐性にならないというのがおもしろいですね。昨年流行した季節性H1N1はかなり耐性だったようですが・・・さて、今年は?

そろそろ予防接種の話も出てきています。いろいろうるさい基準もあるようですが・・・数を準備できなかったのかなぁ・・・接種基準でもめると思うんだけど。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

   
© 2012 今日のいちにち 明日へのいちにち Suffusion theme by Sayontan Sinha